私達は、うつ病双極性障害当事者の家族です。

年老いた父

当事者とともに暮らす私たちの日常は決して平坦なものではありません。
とかく交際範囲が狭くなりがちな家族の者同士が集まり、

お互いの状況を分かち合う「共通の場」の必要性を日々感じます。

息子を心配する母

目的は、「分かち合い」とお互いが勉強して「見守る家族として賢くなり強くなる」ことです。

体験を話し合い、新しい情報を共有し、新しい知識に出会える場にしたいと思います。

決して一人で苦労しているのではない事に気づくのは意義深いのではないでしょうか?

孤立するよりも、同じ境遇の家族がお互いの実体験を話し合うことで、

いろいろな気づきが必ずあります。その分、張り詰めている心がほっと楽になることでしょう。

 私たち家族の思いは、同じ体験を重ねてきた人たちによって癒されると思います。

当事者の家族会

​お知らせ

bird_densyobato.png

 

日時:10月10日(日)14:00~16:30

内容:分かち合い

会場: 港区立男女平等参画センター リーブラ (minatolibra.jp)

    学習室D2

 

 

気分障害(うつ病・双極性障害)のご家族でしたら、

どなたでも参加できます。

事前の参加連絡は必要ありません。

​会費:200円 当日会場でお支払いください。

   

​連絡先:iimon57@yahoo.co.jp(ジャジャ)​​